VITAL SPIRIT

FOR BEGINNR・・・

Chapter.2・・・トリム
Part.1 TRIM(トリム)/TILT(チルト)とは?〜まずは机上の理論

大型船外機のついたバスボートを操船する場合
必ずマスターしなければならないトリムとチルトについて。



 企画してみたものの、WEB上で表現・説明することの困難さに困惑しております。基本的な事について説明させて頂きますが、解りにくいと思いますので、解らなければ何時でも直接スタッフにお問い合わせください。実際には言葉よりも何度か試行錯誤すれば直ぐにマスターできますのでご安心ください。
 少し学校の勉強のようになりますが、なぜトリム調整などと言うものが必要になるかを簡単に説明させて頂きます。

トリム域・チルト域の写真 ■トリム?
 快適な走行をするために船外機の角度を調整する機能です。
 より速く快適に移動するため、船体の大きさに比べるとアンバランスと言えるほど極めて大馬力の船外機を搭載するようになったバスボートはトリム調整なくしてはまともに走れません。
エンジンが発生する推進力を最も効率よく船体に伝えるための機能、それがトリムです。
■チルト?
 トリムと同じようにエンジンの角度を調整する機能ですが、チルトは走行時ではなく停止時にエンジンの一部が水中の物体や陸上で地面などにぶつかるのを防ぐための機能です。通常、水面滑走時はチルト領域までエンジンは上がらないように出来ています。
■トリムの基本原理
 可能な限り軽く、水面に水平に近く浮くように設計されているボート本体と推進力を発生するプロペラの位置のズレがあるため、プロペラの推進力ベクトルを水平にしたままでは、ボートのバウを持ち上げる力(黒矢印)が発生してしまい、プレーニング(滑走時の水平姿勢への移行)に時間がかかってしまいます。そこでトリム調整が必要になるのです。
 極端に言うと、左の図のように船体の重心とプロペラの推進力がまったく同方向を向いていればトリム調整など不要なのですが、実際はこの状態ではプロペラが水を掴むことができず十分な推進力が得られません。
 スタート(プレーニング)時、水深が十分確保されていることを確認したうえで、トリムを一番下まで下げます。トリムを下げることで前方への推進力とともに、バウを抑え込む力を発生し、可能な限りすばやくプレーン状態に移行させます。
 プレーニング完了後、トリムを下げたままでは推進力のロスが発生してしまいます。
トリムを下げたままではハンドリングに機敏に反応しませんし、水の抵抗が大きく燃費も非常に悪くなります。そこで、プレーニング(水平姿勢への移行)中に徐々にトリムを上げ、推進力のロスを少なくします。

*実際にはスピードとボートの傾き等のバランスで随時トリム調整を行います。また波の状況に併せた船体の角度を維持するためや、さらに加速するために随時トリム調整を行います。
 良くある質問に、『最適なトリム角は?』とか、
『荒れているときはどれぐらいのトリム角が良いのですか?』などがありますが、湖上では常に変化する波の状態やボート速度、ボート重量などが複雑に関係して、"絶対的に最適なトリム角”というものは存在しません。
 トリム調整によって敏感にボート姿勢が変わるバスボートは操船がとても面白い乗り物だと思います。各自のボートで色々なスピード、色々なトリム角を試し、最も快適なトリム調整を学んで頂きたいと思います。

*実験走行は湖岸の住民の方や、湖上の他のボートに迷惑を掛けない場所で行ってください。

以上、トリムの基本的な考え方についての説明だけで今回は終了させて頂きます。
次回は実際の湖上で初心者が陥りやすいトリム調整ミス等について説明させて頂きます。
2002.12.31 菱田: